家のリビングにこだわった新築の注文住宅は最高

家を作りたいと思った時に、一番こだわったところとして、リビングがあります。リビングというのは、家族がくつろげるところとして、重要視していました。以前の家では、リビングがありませんでした。ダイニングキッチンはあるものの、それとリビングが一緒になっていたのです。そのような家が多いのではないでしょうか。

そこで考えたのは、やっぱり次の家の場合はリビングを絶対作ろうという事でした。そしてそのように思ったことは、大正解です。ここでは、私のこだわりのリビングについてご紹介します。注文住宅ならではのリビングです。

・家族が過ごしやすい色

リビングというのは、新築で一番目立つところですね。新築を作ることにより、親族等がくることもあり、その時にリングを使うことが多いです。そのことからも新築では、リビングを凝ることがありますね。

私の家の新築の場合は、そこを過ごしやすい雰囲気にするために色で統一することにしました。それはやっぱり、注文住宅ならではです。自分が好きな色を揃えることができます。

まずカーテンとフローリングと壁紙を同じ色で統一しています。すると、一体感がありとても落ち着いた印象を与えることが出来るのです。

新築祝いをした時に、注文住宅としてこんなことができるんだねと多くの親族が驚いていました。その人たちの多くは、建売だったからです。その違いについて知り、今度は注文住宅にしたいと大人気でした。

・窓を広くした

注文住宅として、わたしがもう一つお願いをしたのは窓の大きさです。その窓を大きくとりたいと思ったのです。それはなんといっても、明るいリビングにすることができるからです。

明るいというのは、とても大切なことですね。日差しをあびるのは、健康のためにもとてももいいことと知っていたので、それを注文住宅でお願いをすることにしました。

すると、とても明るく元気になることができました。そしてもう一つ窓を広くしてよかったことは、ジメジメしない事です。以前のところでは、そのジメジメが強くカビができてしまうことがよくありました。その時、やっぱり窓がなかったからなんですね。湿度が高くなり、その結果、ジメジメしてひどくなったのです。特にコンクリートの部分がひどくなっていました。コンクリートは、カビができやすいのでその点では、木の方がいいと思っています。ジメジメ対策としても、窓を大きくして湿度を逃がすことができるのはとてもいいです。

住宅リフォーム相互リンク集英語上達の秘訣英語上達の秘訣2ダイエットチャレンジAGAでお悩み解決エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報AGAでお悩み相談.com本当に建てたかった私のマイホーム